漫画の道へ|武蔵野音楽大学でスキルアップ|キャンパスにも注目
女の人

武蔵野音楽大学でスキルアップ|キャンパスにも注目

漫画の道へ

マンガ

マンガの専門学校を利用するメリット

マンガを扱う専門学校は、全国各地に立地しています。近年、国内全体で雇用の情勢が不安定となっており、高校や大学を卒業した後に無事就職できるかどうか、不安感が高まっています。こうした状況の中で、確実に技術を身に付けることができるマンガの専門学校は、安定した人気を保っています。一度就職して社会人となってから、改めて専門学校に入学する人もみられます。マンガの専門学校では、漫画家やイラストレーターとしてのデビュー支援プログラムを提供しています。また、ゲームやアニメーションの分野をはじめ、WEBデザインの分野でも求人が豊富にあります。専門学校では、こうした分野での面接や作品づくりの対策をしてもらうことができます。

カリキュラムの内容について

マンガを扱う専門学校では、学科が細かく分類されています。マンガ科やコミックイラスト科、キャラクターデザイン科、アニメーション科、ゲームグラフィックデザイナー科など、多様化するニーズに細かく対応できるカリキュラムが組まれています。どの学科でも、その道で活躍するプロの指導を直接受けることができるのが魅力です。デッサンのような基本的な技術から段階的に学ぶことができるので、無理なく上達できます。専門学校によっては、大手の出版社の編集部から批評を受ける機会があったり、現役のプロの漫画家の指導を直接受けられる機会を設けているものもあります。学校に通うことで、プロと同様の作業環境を得ることができ、グループ展など作品発表の機会もあります。